スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< あいのり本 | main | 本日、大安吉日なり。 >>

『聖なる予言』  ジェームズ レッドフィールド:著

聖なる予言
聖なる予言
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子

この本、読んだことありますか??
1995年ごろにベストセラーになった本らしいですが、私は全く知らなかったです。
タイトルからすると「宗教関係の本?」と思ってしまいそうですが、宗教というよりはスピリチュアルな精神世界のことを書いています。
(最近のテレビでも江原さんとか大人気ですよね。スピリチュアルなことが日本でまたキテるのかもしれませんね。)

主人公が偶然に友人から、ペルーで発見された写本に関する話を聞いて興味を持つ。
ペルーに旅立ち、そこで次々と不思議な体験をしていく。
冒険小説とまではいかず、謎解きの要素が入っている小説かな。
この主人公は自分から進んで写本に関わろうと思っていたワケではなくて、いくつもの「偶然の一致」に導かれて「知恵」に辿りついていくのですが・・・・ただ単に、巻き込まれてるだけだよねぇ!?(笑)

第一から第九の「知恵」が順番に解き明かされていくのですが、わかったようで理解できていなかったり・・・・う〜む。
私にはスピリチュアルな要素が足りないのかしら??
偶然は起こるべくして起こっており、その偶然の一致に気付くことが第一の知恵なのですが、思い返してみればあったような気がします。
ちょっと疎遠になった友達のことがふっと頭に浮かんだら、その友達から電話がかかってきたとか。
手紙を書いてポストに投函したら、その日に手紙を送った友達からの手紙が届いていたとか。
これも偶然の一致みたい。そこになんらかのメッセージがあるらしい。
何かがあるんだよってことに気付かなきゃいけないってコトか〜。

この本はあるメールマガジンで取り上げられていて、初めて知ったの。
それで、「この本は図書館にあるのかな?」と調べてみたら、私の勤めている図書館に所蔵していたのです。
大学図書館だから小説類の所蔵が本当に少なくて、しかも海外小説なんてもっと少ないので、あること事態がびっくりっ!!
これも偶然の一致??
もしくは、それだけベストセラーになっていた本なんでしょうねぇ〜。
(大学図書館は研究用の本に大部分の予算を使うので、娯楽小説にまわる予算は本当に少ないのです。)

その本をかりて読んだってことに何かの意味があるのかも!?
そして感想をブログに書いてるってことにも意味があるのかも!?
な〜んて読んだ後に、そんなことをつい×考えてしまう小説です。


2005年に『The Celestine Prophecy』というタイトルでアメリカで映画化されるみたいです。
日本では公開されるのでしょうかね??

この本を読むきっかけとなったメルマガはこちらです。
        『日刊タイトル英語
雑学的な知識が増えていくので面白いですよ。
ご興味のある方、読んでみてくださいねっ!!
| 「ら行」の作家 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - | pookmark |
Comment
@けんたろさん

ご訪問ありがとうございます。
前のコメントは文字数オーバーで、反映されなかったみたいです。
ブログによってはコメントの入力の仕方も様々だったりするので、迷っちゃいますよね〜(笑)

私ものこの本を読んでいるときに、「実際はどうなんだろう?」と考えたりしました。
その結果、エネルギーのやり取り&奪い合いはありそうだゾって思いました。
波長が合う人とはおんなじエネルギーをもっているんだろうな〜って感じることがあったから。
「偶然も単なる偶然ではないんじゃないか」と思うようにもなりました(笑)

オススメの本ですか?
スピリチュアル系だと・・・・『アルケミスト』→http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404275001X/qid=1129428209/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-8995157-3467455
が評判いいみたいですね。(まだ、読んでいないので感想は?ですが)
最近読んでいいな〜と思ったのは、『死神の精度』→http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163239804/qid%3D1129428382/250-8995157-3467455
『巷説百物語』→http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043620020/qid=1129428428/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/250-8995157-3467455
巷説シリーズでは『続』が一番面白いと思いますが、順番に読んでみる方がいいと思いますヨ。
2005/10/16 11:09 AM, from りーふい
あ、さっき送信したヤツ、間違って名前んとこにコメント入れちゃいました(-_-;)と、とにかくすごい衝撃をうけたのを覚えています。‘人は、他人からエネルギーを奪い合う’のとことか、実際人と言い合いになったとき、そういうエネルギーのやりとりって本当にあってんのかなぁと考えたりしました。「第十の予言」も読んだのですが、なんだかあまりにも現実ばなれして宗教色が濃く、受付ませんでした。今「聖なる予言実践ガイド」を読んでます。もうすぐ読み終わりそうなのですが、なんかおすすめの本なんかあったらおしえてもらえませんか?
2005/10/13 12:24 PM, from けんたろ
@Rokoさん

こんばんは☆
へぇ〜、あの金城武さんですか。
この本を気にいって配っていたんですかぁ。
偶然の一致を金城さんも体験しているのから、気に入ったのかもしれませんね。
最近、日本では金城さんをお見かけしませんが、中国でがんばっているのでしょうか?

著者のHPにお邪魔したのですが、英語ばかりであんまり分らなかったです(笑)
キャストが載っていたのですが、有名な方はいなかったように思います。
2005/06/02 11:29 PM, from りーふい
りーふいさん☆おはようございます。

俳優の金城武さんが、この本をとっても好きで友達に本を配りまくっているというエッセイを読んだことがあります。
小説なんだけどスピリチュアルな面が強くて、印象的な本ですよね。
これも映画化ですか。どんな映画になるんでしょうね?
2005/06/02 8:30 AM, from Roko









Trackback
url: http://hon-wo-yomo.jugem.jp/trackback/324
聖なる予言
南米ペルーで未知なる精神世界を悟るスピリチュアルストーリー。九つの気づきとは。偶然の必然、九つの気づきとは。1994年、全米ベストセラー。 聖なる予言 [書評] ビーケーワン| アマゾン| 楽天ブックス| 本・読書ランキング [みなさまのご意見] 図書館で
2005/07/14 11:47 AM, from 読書と感想文と、好きに書く法

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Together/あかり/Fall Back
Together/あかり/Fall Back (JUGEMレビュー »)
MONKEY MAJIK,Maynard,Blaise,tax
この曲好きです!
Recommend
Single Best (DVD付初回限定盤)
Single Best (DVD付初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
柴咲コウ,RUI,KOH+
買いました!
Recommend
ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ (JUGEMレビュー »)
ドアラ
ドアラの本が出ます!
大好き♪
Recommend
Blog People
BlogPeople検索
Amazon
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM